コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野周信 かのう ちかのぶ

3件 の用語解説(狩野周信の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

狩野周信

江戸中期の画家。木挽町狩野家三世。常信の長男、岑信の兄。幼名は生三郎、初名は右近、泰寓斎・如川等と号する。父の後を継いで幕府の絵師となり、法眼に叙せられ中務卿と称する。享保13年(1728)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野周信 かのう-ちかのぶ

1660-1728 江戸時代前期-中期の画家。
万治(まんじ)3年7月2日生まれ。狩野常信の長男。延宝6年江戸城障壁画制作に参加。正徳(しょうとく)3年(1713)木挽町(こびきちょう)狩野家をつぐ。享保(きょうほう)4年法眼(ほうげん)となり,朝鮮への贈呈屏風を手がけた。享保13年1月6日死去。69歳。通称は右近。号は如川,泰寓斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野周信

没年:享保13.1.6(1728.2.15)
生年:万治3.7.2(1660.8.7)
江戸中期の画家。如川,泰寓斎と号した。狩野常信の子で,木挽町狩野家3代目。宝永6(1709)年禁裏の襖絵制作に参加。享保4(1719)年法眼となる。作例に「花鳥・養蚕図巻」(板橋区立美術館蔵)がある。<参考文献>田島志一編『東洋美術大観』5巻

(仲町啓子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野周信の関連キーワード福田鞭石常行飯田東渓小田成胤覚翁(1)勝田寿閑桑山貞代清水如水藤井兼充山田甚八

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone