加藤泰恒(読み)かとう やすつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤泰恒 かとう-やすつね

1657-1715 江戸時代前期-中期の大名。
明暦3年生まれ。加藤泰義(やすよし)の子。延宝2年(1674)伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩主加藤家3代となる。財政難のため,藩士への給与を知行給与から蔵米(くらまい)給与にあらためた。画を狩野(かのう)常信にまなび,書や和歌にもすぐれた。正徳(しょうとく)5年7月9日死去。59歳。初名は泰経。号は秉軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android