コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤泰恒 かとう やすつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤泰恒 かとう-やすつね

1657-1715 江戸時代前期-中期の大名。
明暦3年生まれ。加藤泰義(やすよし)の子。延宝2年(1674)伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩主加藤家3代となる。財政難のため,藩士への給与を知行給与から蔵米(くらまい)給与にあらためた。画を狩野(かのう)常信にまなび,書や和歌にもすぐれた。正徳(しょうとく)5年7月9日死去。59歳。初名は泰経。号は秉軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤泰恒の関連キーワード加藤泰統加藤泰広加藤文麗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android