コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤木畯叟 かとうぎ しゅんそう

1件 の用語解説(加藤木畯叟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤木畯叟 かとうぎ-しゅんそう

1815-1893 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,殖産家。
文化12年9月18日常陸(ひたち)(茨城県)孫根村の庄屋の家に生まれる。林鶴梁(かくりょう)にまなび,桜任蔵(じんぞう)らとまじわり,尊攘思想をいだく。親交のあった松浦武四郎から「蝦夷日誌」を託されて徳川斉昭に献じた。維新後は士族授産につとめ,養蚕を奨励した。明治26年4月18日死去。79歳。通称は賞三。変名は平野正太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤木畯叟の関連キーワード秋沢貞之上田立夫帯屋治平川上鎮石塩川広平徳田寛豊藤井希璞藤井九成増野徳民三間半二

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone