コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤逸人 かとう いつじん

1件 の用語解説(加藤逸人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤逸人 かとう-いつじん

1774-1829 江戸時代後期の俳人。
安永3年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の商人。俳諧(はいかい)を蓮阿坊白尼,鈴木道彦に,国学,漢学を鈴木朖(あきら)にまなぶ。自宅でもよおす俳席には画工,彫工,摺師,製本師をよび,すぐに製本・配布させるなど,贅(ぜい)をつくした。文政12年11月3日自殺。56歳。名は粛。字(あざな)は俊方。別号に足彦,梅樹軒,桜叟など。編著に「印譜略」「さらしうす」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤逸人の関連キーワード安芸荷青石出烏旭逸山空二壺半島谷子行双竹大練舎長隠(1)不染

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone