コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤郁乎 かとう いくや

1件 の用語解説(加藤郁乎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤郁乎 かとう-いくや

1929-2012 昭和後期-平成時代の俳人,詩人。
昭和4年1月3日生まれ。俳人の父加藤紫舟(ししゅう)の影響で「黎明(れいめい)」に新芸術俳句を発表。のち吉田一穂(いっすい)に師事して詩作をはじめる。稲垣足穂(たるほ),西東三鬼(さいとう-さんき),西脇順三郎の作品にしたしみ,昭和34年第1句集「球体感覚」を発表。41年詩集「形而情学」で室生犀星(むろう-さいせい)詩人賞。平成10年句集「初昔(はつむかし)」で日本文芸大賞。23年句集「晩節」で山本健吉文学賞。江戸俳諧(はいかい)の研究でも知られた。平成24年5月16日死去。83歳。東京出身。早大卒。号は郁山人,四雨。著作に「エジプト詩篇」「坐職の読むや」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤郁乎の関連キーワード三輪良平阿部照哉飯尾正宏石田種生李進煕大塚正徳大歳克衛甲田綏郎諏訪優津金孝邦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤郁乎の関連情報