コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤郁乎 かとう いくや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤郁乎 かとう-いくや

1929-2012 昭和後期-平成時代の俳人,詩人。
昭和4年1月3日生まれ。俳人の父加藤紫舟(ししゅう)の影響で「黎明(れいめい)」に新芸術俳句を発表。のち吉田一穂(いっすい)に師事して詩作をはじめる。稲垣足穂(たるほ),西東三鬼(さいとう-さんき),西脇順三郎の作品にしたしみ,昭和34年第1句集「球体感覚」を発表。41年詩集「形而情学」で室生犀星(むろう-さいせい)詩人賞。平成10年句集「初昔(はつむかし)」で日本文芸大賞。23年句集「晩節」で山本健吉文学賞。江戸俳諧(はいかい)の研究でも知られた。平成24年5月16日死去。83歳。東京出身。早大卒。号は郁山人,四雨。著作に「エジプト詩篇」「坐職の読むや」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤郁乎の関連キーワード飯島耕一俳人

加藤郁乎の関連情報