コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤重三郎 かとう じゅうざぶろう

1件 の用語解説(加藤重三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤重三郎 かとう-じゅうざぶろう

1862-1933 明治-昭和時代前期の政治家,経営者。
文久2年5月生まれ。新潟県の長岡・高田各区裁判所監督判事,弁護士などをへて明治39年名古屋市長,大正9年衆議院議員(政友本党)。また石川鉄道社長,東海道電気鉄道取締役に就任。昭和8年6月19日死去。72歳。尾張(愛知県)出身。明治法律学校(現明大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤重三郎の関連キーワードサイゴン条約黒住教晩年伊豆の踊子丹下左膳有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone