コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加速度運動 カソクドウンドウ

デジタル大辞泉の解説

かそくど‐うんどう【加速度運動】

力が作用しているときの物体の運動。速度が時間とともに変化し、単位時間当たりの速度の変化率が加速度で表される。加速度一定の運動の場合、等加速度運動という。重力による自由落下運動、万有引力による惑星や衛星の楕円運動クーロン力を受けた荷電粒子の運動などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

加速度運動の関連キーワードダランベールの原理アトウッドの器械作用反作用の法則一般相対性理論不確定性原理等加速運動一般相対論相対性原理運動の法則相対性理論不等速運動太陽電波平衡感覚等速運動オレーム落下運動終端速度制動放射加速系相対性

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加速度運動の関連情報