コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由落下 ジユウラッカ

4件 の用語解説(自由落下の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐らっか〔ジイウラクカ〕【自由落下】

物体が空気の摩擦抵抗などの影響を受けずに、重力の働きだけによって落下する現象。真空中での落下。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゆうらっか【自由落下】

重力だけの力によって落下すること。空気の抵抗や回転の影響がないと考えられる時にいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由落下
じゆうらっか

落体」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由落下
じゆうらっか

空気中で物体を落とすと、物体には重力のほかに空気の摩擦による抵抗力が働く。真空中ではこの抵抗力がなく、落下運動加速度は物体の質量や種類・形状・寸法によらず、地球上の一定の場所では一定の値をとる。この加速度を重力の加速度といい、この落下運動を自由落下という。重力の加速度は約9.8メートル(毎秒毎秒)であり、自由落下の落下距離は、最初の1秒間では約4.9メートル、2秒間では約19.6メートル、一般には、重力の加速度に落下時間の2乗を掛けた積の半分に等しい。自由落下する物体の速度は、最初の1秒で約9.8メートル(毎秒)、2秒で約19.6メートル(毎秒)、一般には、重力の加速度に落下時間を掛けた積に等しい。
 ガリレイは17世紀の初めごろ、鉛の球も樫(かし)の球も同じ高さから同時に落とせばほぼ同時に着地することを実験し観察したと伝えられ、また、落体の運動は等加速度運動であり、落下距離は落下時間の2乗に比例することを論証した。[飼沼芳郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由落下の関連キーワード五十里ダム重力加速度重力質量重力ダム中空重力ダム標準重力重力探鉱グラム重愛は力だブーゲ重力異常

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由落下の関連情報