コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由落下 ジユウラッカ

大辞林 第三版の解説

じゆうらっか【自由落下】

重力だけの力によって落下すること。空気の抵抗や回転の影響がないと考えられる時にいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由落下
じゆうらっか

空気中で物体を落とすと、物体には重力のほかに空気の摩擦による抵抗力が働く。真空中ではこの抵抗力がなく、落下運動加速度は物体の質量や種類・形状・寸法によらず、地球上の一定の場所では一定の値をとる。この加速度を重力の加速度といい、この落下運動を自由落下という。重力の加速度は約9.8メートル(毎秒毎秒)であり、自由落下の落下距離は、最初の1秒間では約4.9メートル、2秒間では約19.6メートル、一般には、重力の加速度に落下時間の2乗を掛けた積の半分に等しい。自由落下する物体の速度は、最初の1秒で約9.8メートル(毎秒)、2秒で約19.6メートル(毎秒)、一般には、重力の加速度に落下時間を掛けた積に等しい。
 ガリレイは17世紀の初めごろ、鉛の球も樫(かし)の球も同じ高さから同時に落とせばほぼ同時に着地することを実験し観察したと伝えられ、また、落体の運動は等加速度運動であり、落下距離は落下時間の2乗に比例することを論証した。[飼沼芳郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android