コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助教法 じょきょうほうmonitorial system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

助教法
じょきょうほう
monitorial system

一斉教授のための学級教授法の一つ。生徒を小人数のグループに分け,それぞれを優秀な上級生のなかから採用した助教生に指導させるもの。イギリスの A.ベルと J.ランカスターが創案したもので,ベル=ランカスター法とも呼ばれ,また原名どおりモニトリアル・システムと呼ばれることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

助教法の関連キーワードトロッツェンドルフ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android