励精・厲精(読み)れいせい

大辞林 第三版の解説

れいせい【励精・厲精】

( 名 ) スル
心を励まし努力すること。精を出すこと。 「文学に-した/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐せい【励精・厲精】

〘名〙 精神を奮い起こして努めること。精励。〔日誌必用御布令字引(1868)〕
※泣かん乎笑はん乎(1890)〈北村透谷〉「堅忍し、励精し、以て人生の嶮山を越へしむるは」 〔漢書‐循吏伝序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android