コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働者災害補償責任保険

2件 の用語解説(労働者災害補償責任保険の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

労働者災害補償責任保険

従業員が業務災害身体障害を被った場合に、事業主が補償責任等を負担することにより被る損害を担保する保険を指します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

労働者災害補償責任保険
ろうどうしゃさいがいほしょうせきにんほけん

労働災害に対する補償措置は第一次的には労働者災害補償保険労災保険)法に基づいた政府管掌の労災保険によっているが、民間の損害保険会社が提供する労働者災害補償責任保険には次のようなものがある。(1)労働者災害補償責任保険 当初は労災保険法の強制適用外の事業を対象に、労働基準法上の災害補償と同じ担保内容をもつ保険として発売されていたが、現在では強制適用事業が拡大されたため、おもに海外派遣労働者を対象とするものとなっている。(2)労働災害総合保険 政府管掌労災保険の法定外の上乗せ補償による損害を担保する法定外補償保険と、さらにその上乗せ補償をする使用者賠償責任保険とがある。(3)ファミリー労働災害補償保険 政府管掌労災保険に加入できない家族従業者などを構成員とする小企業が、労働災害を被った家族従業者などに対して、労災保険と同様の補償を行うことによる損害を担保する保険である。[金子卓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労働者災害補償責任保険の関連キーワード身体障害者福祉法労働災害業務災害身体障害身体障害者廃疾労働災害総合保険後遺障害保険金専修学校・各種学校学生・生徒災害傷害保険学生教育研究災害傷害保険

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone