(読み)ろくす

精選版 日本国語大辞典「勒」の解説

ろく‐・す【勒】

〘他サ変〙
① おさえる。ひかえる。制御する。
② ととのえる。おさめる。
古今(905‐914)真名序「部類所奉之哥。勒為二十巻
※李陵(1943)〈中島敦〉一「部下の兵を勒すると直ぐ北へ向けて進発した」
③ 彫りつける。刻みつける。また、書き留める。録する。
※伝教大師消息(824‐831頃)「謹勒神戒仏子還状起居
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一二「大石に労績を勒(ロク)(〈注〉ホリツケル)せらるるの人」
④ 詩を作る時、あらかじめ韻字を定める。
万葉(8C後)一七・晩春三日遊覧詩序文「忽課短筆、聊勒四韻云爾」

ろく【勒】

〘名〙
① くつわ。くつばみ。〔淮南子‐原道訓〕
字八法の一つ。「永」の第二画の横の画。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android