コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロク

大辞林 第三版の解説

ろく【勒】

くつわ。
おもがい。
永字えいじ八法の、第二筆の横画。 → 永字八法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勒の関連キーワードドロンノール(多倫諾爾)迅雷耳を掩うに暇あらずバイルク(抜曳固)アルタン・ハーントングラ(同羅)アシホ(阿什河)バイ・バリックトクズ・オグズサルターウル燕然都護府阿史那社爾大友高聡山背日立喀什噶爾安西四鎮オグズ族金銀尽くクルレ薛延陀ドロン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勒の関連情報