動産金融(読み)どうさんきんゆう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動産金融
どうさんきんゆう

商品や設備機械などの動産を担保とする融資のこと。不動産金融に対比される。動産に担保権を設定する方法としては、動産質、動産抵当などがあるが、質権は目的物の占有を移すことを要するので、貸付先が営業用に使用する商品、設備機械などを対象とするのには適さない。このため、動産担保の方式としては抵当権設定が一般的で、各根拠法により自動車抵当、航空機抵当、建設機械抵当、農業用動産抵当(耕作、養畜、養蚕、水産などの経営に用いられる動産を目的とする抵当権であるが、この抵当権者は農業協同組合など特定金融機関に限られている)などが認められている。このように、動産抵当の対象は特定物件に限られ、また減価が速いので、不動産抵当ほどは多く用いられない。なお、通常の工場の機械設備は、土地や建物とともに、財団を組成されて不動産担保の対象となるのが普通である。[井上 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android