コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動産金融 ふどうさんきんゆう mortgage loan

4件 の用語解説(不動産金融の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不動産金融
ふどうさんきんゆう
mortgage loan

法律上の不動産である土地および定着物と金融上不動産とみなされる各種の財産を抵当とする貸付。通常はまず自己資金で抵当貸付を行い,その債権を引当てとして債券発行などによって資金を集め,再びこれを抵当貸付に用いるという形態がとられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふどうさん‐きんゆう【不動産金融】

土地・建物など不動産を担保とする資金の貸し出し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふどうさんきんゆう【不動産金融】

不動産を担保とする資金の貸し出し。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不動産金融
ふどうさんきんゆう

田畑、山林を含む農村の土地や市街地の土地・建物などの不動産を担保とする貸付をいうが、一般には広く解釈して財団抵当金融も不動産金融に含まれる。なお、狭義の不動産金融は、資金の使途も不動産にかかわる貸付をいう。たとえば、農業金融住宅金融などがこれにあたる。
 第二次世界大戦前の日本では、日本勧業銀行、各府県農工銀行が不動産金融による主たる貸付機関として機能し、日本興業銀行が財団抵当金融機関としてあったが、実際は普通銀行一般に、貸付担保に不動産が大いに使われた。とくに地方銀行の場合には、有利な抵当物件が少ないこともあって、不動産を担保とする貸付がきわめて高い割合を占めていた。不動産を担保とする貸付は長期にわたり、かつ担保価値の算定などに複雑な手数がかかるうえ、担保処分にも手数と時間がかかる。そこで明治末年以来、不動産金融は、普通銀行の経営をしばしば危うくさせ、第二次世界大戦下のインフレーションで解消されるまで、その流動化=資金化が大きな社会、金融問題として登場したこともあった。戦後は、不動産金融がしだいに増加してきたが、その背景には増大する都市勤労者の住宅問題解決策もあって、小規模な住宅地をも担保とする不動産金融拡大の道が模索された。加えて土地価格をはじめとする不動産価格の上昇があったから、不動産金融資金化のごときかつての困難は影として潜まされた。しかし、その影で不動産金融が地価騰貴を助長していると、社会問題化されてきただけでなく、その危うさが繰り返し指摘されてきた。その結果が1990年代初めのいわゆるバブル経済の崩壊であった。不動産抵当による貸付は、各金融機関に巨大な不良資産を生じさせ、日本経済を窮地に追い込み、多大な公的資産を投入させるに至った。
 不動産金融を不良資産化して、金融機関に困難をもたらした最大の要因は、住宅金融を専門とする機関(住宅金融専門会社、いわゆる住専)を通じた多大な不動産貸付であった。政府は、住宅金融債権管理機構の設立、経営危機に陥った金融機関の一時的な国有化(のちに売却)、多大な公的資金の投入などを行った。この結果、メガバンク誕生にみられる大銀行の再編、中小金融機関の整理などが進み、危機はいちおう回避された。これ以後、異常な地価の動向はみられないが、庶民金融と不動産金融(住宅金融)は切り離されえないものであり、かつ金融機関の不良資産発生の要因たることが消えたわけではない。しかも最近の金融情況は国際的なつながりが予想されている。その象徴的なものが、アメリカを起点とするサブプライム問題であって、日本でも金融機関をはじめ各機関に多大な影響を与えただけでなく、重大な損害をもたらしている。[岡田和喜]
『沓澤隆司著『住宅・不動産金融市場の経済分析――証券化とローンの選択行動』(2008・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産金融の関連キーワード動産不動産不動産取得税不動産信託宅地定着物立木筆界ため池立木法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不動産金融の関連情報