コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈産業 ドウミャクサンギョウ

デジタル大辞泉の解説

どうみゃく‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【動脈産業】

天然資源を採取・加工し、製品を製造・流通・販売する産業。経済や社会の発展に必要な商品を供給する役割を果たしていることから、これを動物の循環系で酸素や栄養分を運ぶ動脈になぞらえたもの。→静脈産業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうみゃくさんぎょう【動脈産業】

静脈産業に対し、原料を加工する従来の産業。 → 静脈産業

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動脈産業の関連キーワード動脈物流

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android