コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈産業 ドウミャクサンギョウ

デジタル大辞泉の解説

どうみゃく‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【動脈産業】

天然資源を採取・加工し、製品を製造・流通・販売する産業。経済や社会の発展に必要な商品を供給する役割を果たしていることから、これを動物の循環系で酸素や栄養分を運ぶ動脈になぞらえたもの。→静脈産業

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうみゃくさんぎょう【動脈産業】

静脈産業に対し、原料を加工する従来の産業。 → 静脈産業

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動脈産業の関連キーワード動脈物流

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android