コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘解由小路資望 かでのこうじ すけもち

1件 の用語解説(勘解由小路資望の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勘解由小路資望 かでのこうじ-すけもち

1735-1759 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
享保(きょうほう)20年生まれ。烏丸光栄(みつひで)の子。勘解由小路音資の養子。蔵人より左近衛中将にすすみ,桃園天皇につかえる。宝暦8年烏丸光胤(みつたね),今出川公言(きんこと)らと宝暦事件に連座し,免官・蟄居(ちっきょ)となった。宝暦9年閏(うるう)7月23日死去。25歳。贈従三位。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

勘解由小路資望の関連キーワード明石景文樋口基康風早公長久我通兄小野庸山喜多中和拾翠竹村鷺庵梅風廉山

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone