勘解由小路資望(読み)かでのこうじ すけもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「勘解由小路資望」の解説

勘解由小路資望 かでのこうじ-すけもち

1735-1759 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
享保(きょうほう)20年生まれ。烏丸光栄(みつひで)の子。勘解由小路音資の養子。蔵人より左近衛中将にすすみ,桃園天皇につかえる。宝暦8年烏丸光胤(みつたね),今出川公言(きんこと)らと宝暦事件に連座し,免官蟄居(ちっきょ)となった。宝暦9年閏(うるう)7月23日死去。25歳。贈従三位。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android