コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京音頭 トウキョウオンド

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐おんど〔トウキヤウ‐〕【東京音頭】

昭和初期の民謡調の流行歌西条八十作詞、中山晋平作曲。初め「丸の内音頭」の名でレコード化されたが、昭和8年(1933)に改作したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

東京音頭

東京都新の民謡。作詞:西条八十、作曲:中山晋平。元の題は『丸の内音頭』だったが、1933年に改題。レコード化され爆発的な人気を得た。現在でも、東京に拠点を置くプロスポーツチームの応援歌として歌われるなど著名。前奏は鹿児島の民謡『鹿児島おはら節』の引用。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうきょうおんど【東京音頭】

1933年(昭和8)に作られた新民謡で、盆踊り唄。西条八十作詞、中山晋平作曲。同じ作詞・作曲者による「丸の内音頭」を改作したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京音頭
とうきょうおんど

昭和初期の大東京市を代表する新民謡。民謡調の流行歌ともいえる。発展を続ける昭和初期の東京を唄(うた)で描いて大ヒットした。その背景には1929年(昭和4)の世界経済の大パニックや、中国大陸へ広がる戦火などがあり、庶民は重苦しい気分を転換させたがっていた。そうしたことをくみ取って、西条八十(やそ)が作詞し中山晋平(しんぺい)が作曲し、初めは『丸の内音頭』の名でレコードに吹き込まれた。のちに中山晋平が九州へ旅行した際に聞いた『鹿児島小原良(おわら)節』にヒントを得て、33年三島一声、勝太郎の組合せで新しく『東京音頭』として吹き込まれ、これが東京ばかりでなく、全国的に大流行した。[斎藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東京音頭の関連キーワード小唄 勝太郎三嶋 一声西條 八十羽衣 歌子中山 晋平金沢明子盆踊り唄勝太郎斎藤

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京音頭の関連情報