コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正富汪洋 まさとみ おうよう

2件 の用語解説(正富汪洋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正富汪洋 まさとみ-おうよう

1881-1967 明治-昭和時代の詩人,歌人。
明治14年4月15日生まれ。車前草社の同人となり,大正7年「新進詩人」を創刊。昭和25年日本詩人クラブを結成,「詩界」の編集にあたる。昭和42年8月14日死去。86歳。岡山県出身。哲学館(現東洋大)卒。本名は由太郎。著作に詩歌集「小鼓」,詩集「豊麗な花」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正富汪洋
まさとみおうよう
(1881―1967)

詩人、歌人。岡山県生まれ。本名由太郎。閑谷黌(しずたにこう)を経て上京、哲学館(現東洋大学)に入学。与謝野(よさの)鉄幹の前夫人林滝野と結婚。車前草社(しゃぜんそうしゃ)同人として活躍。1918年(大正7)詩誌『新進詩人』を創刊、34年(昭和9)まで続け、奔放で自由な詩風であった。晩年は日本詩人クラブの発展に功績があった。初期の詩歌集『夏びさし』(1905)、『小鼓』(1906)、詩集『豊麗な花』(1920)、『汪洋新詩集』(1922)、『月夜の海』(1924)、『世界の民衆に』(1925)のほか評論『明治の青春――与謝野鉄幹をめぐる女性群』(1955)がある。[古川清彦]
『『正富汪洋全詩集』全一巻(1969・木犀書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正富汪洋の関連キーワード上田敏雄緒方昇遠地輝武加藤一夫菊岡久利木村好子近藤東沢ゆき山宮允方等みゆき

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone