コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正富汪洋 まさとみ おうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正富汪洋 まさとみ-おうよう

1881-1967 明治-昭和時代の詩人,歌人。
明治14年4月15日生まれ。車前草社の同人となり,大正7年「新進詩人」を創刊。昭和25年日本詩人クラブを結成,「詩界」の編集にあたる。昭和42年8月14日死去。86歳。岡山県出身。哲学館(現東洋大)卒。本名は由太郎。著作に詩歌集「小鼓」,詩集「豊麗な花」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正富汪洋
まさとみおうよう
(1881―1967)

詩人、歌人。岡山県生まれ。本名由太郎。閑谷黌(しずたにこう)を経て上京、哲学館(現東洋大学)に入学。与謝野(よさの)鉄幹の前夫人林滝野と結婚。車前草社(しゃぜんそうしゃ)同人として活躍。1918年(大正7)詩誌『新進詩人』を創刊、34年(昭和9)まで続け、奔放で自由な詩風であった。晩年は日本詩人クラブの発展に功績があった。初期の詩歌集『夏びさし』(1905)、『小鼓』(1906)、詩集『豊麗な花』(1920)、『汪洋新詩集』(1922)、『月夜の海』(1924)、『世界の民衆に』(1925)のほか評論『明治の青春――与謝野鉄幹をめぐる女性群』(1955)がある。[古川清彦]
『『正富汪洋全詩集』全一巻(1969・木犀書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

正富汪洋の関連キーワード吉川 則比古清水 橘村児玉花外昭和時代若山牧水勝承夫明治

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android