勝目梓(読み)かつめ あずさ

  • 勝目梓 かつめ-あずさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1932- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和7年6月20日生まれ。鹿児島県立伊集院高を中退し,転職をかさねる。結核療養中に作家をこころざし,昭和42年「マイ・カアニヴァル」で芥川賞候補,49年「寝台方舟(はこぶね)」で小説現代新人賞。56年日本文芸大賞。官能と暴力,復讐の世界をえがき,バイオレンス作家といわれる。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝目梓の関連情報