コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝(ち)絵 カチエ

デジタル大辞泉の解説

かち‐え〔‐ヱ〕【勝(ち)絵】

勝負事や競技のようすなどを描いた絵。
春画のこと。出陣する武士具足櫃(ぐそくびつ)に入れておくと必ず勝つとの俗信があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の勝(ち)絵の言及

【春画】より

…男女の秘戯を描いた絵。古くは〈おそくず(偃息図)の絵〉〈おこえ(痴絵,烏滸絵)〉といい,〈枕絵〉〈枕草紙〉〈勝絵(かちえ)〉〈会本(えほん)〉〈艶本(えんぽん)〉〈秘画〉〈秘戯画〉〈ワじるし(印)〉〈笑い絵〉などともいう。あからさまな秘戯の図ではなく,入浴の場面など女性の裸体を見せる好色的な絵は,別に〈あぶな絵〉と称して区別している。…

※「勝(ち)絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

勝(ち)絵の関連キーワード歌川広重(3代)勝負事競技

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android