コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春画 しゅんが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春画
しゅんが

人間の性的な交わりを描いた日本の肉筆画(→肉筆浮世絵),版画版本などの総称。枕絵,笑絵などともいう。起源は平安時代までさかのぼり,中国から伝わった医学書である房中書(→房中術)の図解に見られる。その後,日本の画は独自の発展をするが,早い時期は貴族,僧侶,武家など身分の高い人々の間で享受されていた。その頃は肉筆が中心で,一点ものなので高価だったが,江戸時代になると木版技術の発達により,浮世絵版画の春画が廉価で数多く流通し,庶民層へと一気に広がった。描いた絵師も鈴木春信鳥居清長喜多川歌麿葛飾北斎歌川国貞など,著名な浮世絵師はみな,春画を手がけていた。春画は単に好色な男性のためのものではなく,多くの老若男女が愛好した。その根底には「男女和合」の精神があり,性をおおらかに肯定する気分が横溢している。江戸時代の享保の改革寛政の改革天保の改革の三大改革の時に春画は禁制になるが,そのつど地下にもぐり制作が続けられた。非合法の出版物なので,かえって贅沢な画材を使い,彫摺も超絶技巧を駆使した豪華なものができた。明治以降は政府により猥褻物として徹底的に取り締まられ,研究や学問の世界からも締め出された。しかし,21世紀になってからロンドンの大英博物館や東京の美術館で特別展が開催され,大きな反響を呼んだ。本格的な文化・美術の一分野として正当に評価されつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐が〔‐グワ〕【春画】

男女の情交のようすを描いた絵。笑い絵。枕絵(まくらえ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

春画【しゅんが】

男女の情交のさまを描いた絵画で,明治以降の用語。《古今著聞集》にみえる偃息(おそく)図がこれに当たり,伝鳥羽僧正筆《陽物競べ》や《小柴垣(こしばがき)草紙》《袋法師絵詞》等の絵巻に発展した。
→関連項目ポルノグラフィー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんが【春画】

男女の秘戯を描いた絵。古くは〈おそくず(偃息図)の絵〉〈おこえ(痴絵,烏滸絵)〉といい,〈枕絵〉〈枕草紙〉〈勝絵(かちえ)〉〈会本(えほん)〉〈艶本(えんぽん)〉〈秘画〉〈秘戯画〉〈ワじるし(印)〉〈笑い絵〉などともいう。あからさまな秘戯の図ではなく,入浴の場面など女性の裸体を見せる好色的な絵は,別に〈あぶな絵〉と称して区別している。《古今著聞集》にも〈ふるき上手どもの書きて候おそくづの絵〉と記すように,落書のようなものではなしに専門の画家による春画の歴史はかなり古く,中世に入れば《小柴垣草紙(こしばがきぞうし)》(13世紀),《稚児草紙》(14世紀,鎌倉末期)など絵巻物の傑作を生んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんが【春画】

男女の情交のさまを描いた絵。笑い絵。枕絵。枕草紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

春画

性行為の情景や性的なものを描いた絵のこと。情欲的ではない裸体画は含まない。明治以降に用いられるようになった言葉で、枕絵・秘画・笑い絵などともいう。西洋ではポンペイの壁画、日本では江戸時代の浮世絵がよく知られており、春画と言えば一般に浮世絵によるものを指すことが多い。浮世絵による春画は数・種類共に多く、菱川師宣、喜多川歌麿、葛飾北斎など著名な絵師も手がけている。19世紀半ば以降、フランスなど海外で芸術作品としての評価が高まり収集され、日本でも価値が認められるようになっている。

(2015-10-23)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春画
しゅんが

性の秘戯をあらわに描写した扇情的な絵画。古くは「おそくず(偃息図)の絵」といい、また枕絵(まくらえ)、枕草子(まくらのそうし)、秘戯画(ひぎが)、秘画(ひが)、艶本(えんぽん)、ワ印(じるし)などの別称をもつ。男女の閨房(けいぼう)図が中心となるが、同性愛や自慰のようすなど性風俗の全般にわたって赤裸々に、多くは滑稽(こっけい)な誇張の演出を加えて表現される。『小柴垣草子(こしばがきぞうし)』『稚児草子(ちごのそうし)』などの中世の絵巻も模本を含めて伝わるが、江戸時代の浮世絵師によってもっとも盛んに制作された。肉筆の絵巻や画帖(がじょう)、版画の組物の双方とも、12図を単位として構成されるのが普通で、また艶文を添えた絵本も盛行した。享保(きょうほう)の改革以降、好色の版画や版本の出版が表向き禁止されるが、出版許可の極(きわ)めや改(あらた)めを必要としない秘密裏の出版であったため、かえって彫りや摺(す)りに贅美(ぜいび)が凝らされ、極彩色の入念な仕立てのものが多くつくられた。絵師の署名がはばかられるようになり、無款か変名を用いるようになるのも享保(1716~36)以後のことである。
 著名な浮世絵師のほとんどすべてが手がけているが、歌麿の『歌まくら』、北斎の『浪千鳥(なみちどり)』は、ともに横大判12枚1組の版画作品で、とりわけ傑作の評価が高い。
 中国では、春宮図、春宵(しゅんよう)秘戯図といい、明(みん)末から清(しん)朝にかけて、版画や版本による制作がさかんに行われた。『風流絶暢(ぜっちょう)図』のように元禄(げんろく)のころ日本で翻刻された例もある。[小林 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

春画の関連キーワードタイモン スクリーチ勝ち絵・勝絵小松屋百亀桃林堂蝶麿偃息図の絵月岡雪鼎小松百亀坂本 篤武内小鸞独り笑い笑い本肉蒲団車浮代林美一好色本組打ち危な絵姿枕猥画わ印

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春画の関連情報