勝賀野実信(読み)しょうがの さねのぶ

  • 勝賀野実信 しょうがの-さねのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1588 織豊時代の武士。
土佐(高知県)蓮池(はすいけ)城主吉良親実(きら-ちかざね)の重臣で,領内の検地にたずさわる。天正(てんしょう)16年10月親実が宗家の長宗我部元親(ちょうそかべ-もとちか)の継嗣問題で元親の怒りをかい,切腹したとき,実信もきられた。通称次郎兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android