コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝賀野実信 しょうがの さねのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝賀野実信 しょうがの-さねのぶ

?-1588 織豊時代の武士。
土佐(高知県)蓮池(はすいけ)城主吉良親実(きら-ちかざね)の重臣で,領内の検地にたずさわる。天正(てんしょう)16年10月親実が宗家の長宗我部元親(ちょうそかべ-もとちか)の継嗣問題で元親の怒りをかい,切腹したとき,実信もきられた。通称は次郎兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝賀野実信の関連キーワードテレサ[アビラ]ティコ・ブラーエ安土桃山時代(年表)グラナダ焦竑マーローモンテーニュ環境報告書エッセイ中津城

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android