コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤子内親王 きんしないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勤子内親王 きんしないしんのう

904-938 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の第4皇女。
延喜(えんぎ)4年生まれ。母は源周子(しゅうし)。延喜8年内親王となる。父から箏(そう)を伝授され,書画にもひいでる。源順(したごう)に命じて,「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」を撰述させた。藤原師輔(もろすけ)と結婚。天慶(てんぎょう)元年11月5日死去。35歳。通称は女四の宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勤子内親王

没年:天慶1.11.5(938.11.29)
生年:延喜4(904)
平安時代前期,藤原師輔の妻。醍醐天皇と源周子の子。「いそこ」とも。延喜8(908)年著裳し,内親王となる。四品。その著裳料の屏風には紀貫之が和歌を詠んだ。藤原師輔と結婚したが,子供には恵まれなかった。師輔は勤子の異母妹康子内親王とも結婚したが,臣下として初めて内親王と結婚した人物。勤子は聡明従順で,容姿花の如しとされた。音楽,書画の才能に秀で,特に箏は父天皇から直々に教えられたという。源順に命じてわが国最初の百科辞典『和名類聚抄』を選述させた。『願文集』(『続群書類従』)には師輔が修した勤子の七々日仏事の願文(大江朝綱作)がある。

(京楽真帆子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

勤子内親王の関連キーワード倭名類聚鈔長講堂領

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android