コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺晴右 かじゅうじ はれすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勧修寺晴右 かじゅうじ-はれすけ

1523-1577 戦国-織豊時代の公卿(くぎょう)。
大永(たいえい)3年生まれ。勧修寺尹豊(ただとよ)の子。藤原晴子(新上東門院)の父。参議,権(ごんの)中納言をへて天正(てんしょう)元年(1573)権大納言となる。翌年正二位にすすむ。天正5年1月1日死去。55歳。天正14年内大臣,慶長4年左大臣を追贈された。初名は晴秀。号は松国。日記に「晴右公記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勧修寺晴右の関連キーワード安土桃山時代(年表)イブラヒム・パシャスウェーデン史池坊専応口伝グスタブ[1世]勘合貿易遣明船(年表)鷹巣城七尾城スマラガ天荊

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone