コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺晴右 かじゅうじ はれすけ

1件 の用語解説(勧修寺晴右の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勧修寺晴右 かじゅうじ-はれすけ

1523-1577 戦国-織豊時代の公卿(くぎょう)。
大永(たいえい)3年生まれ。勧修寺尹豊(ただとよ)の子。藤原晴子(新上東門院)の父。参議,権(ごんの)中納言をへて天正(てんしょう)元年(1573)権大納言となる。翌年正二位にすすむ。天正5年1月1日死去。55歳。天正14年内大臣,慶長4年左大臣を追贈された。初名は晴秀。号は松国。日記に「晴右公記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

勧修寺晴右の関連キーワード一条内基中山孝親高倉永家織豊時代姉小路嗣頼植村家存佐藤信則寿昌祖栄万里小路輔房