勧進興行(読み)かんじんこうぎょう

大辞林 第三版の解説

かんじんこうぎょう【勧進興行】

勧進のための興行。室町・江戸時代には、平曲・能・相撲などがよく行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんじん‐こうぎょう クヮンジンコウギャウ【勧進興行】

〘名〙 勧進②のための興行。また、その名目で行なわれる興行。田楽、猿楽、能、狂言、歌舞伎などがあった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勧進興行の言及

【興行】より

…また,アメリカ流のプロデューサー・システムによる興行も近年,目だってきている。【渡辺 淳】
[日本の伝統的な演劇興行]
 日本の芸能では,古くは貴族や有力な寺社が,宮廷における遊宴や祭礼に,入場料をとらずに舞楽や延年などを見物させた記録もあるが,鎌倉時代の末ごろになると,寺社の建立や修復,また公共の寄金を得る名目で〈勧進興行〉と称して,入場料金をとって芸能を見物させる興行形式がひろく行われた。室町時代からさかんになった田楽,曲舞(くせまい),猿楽,傀儡子(くぐつ)などの興行には,勧進という形態が数多くみられる。…

※「勧進興行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる