コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包括貿易・競争力強化法(包括貿易法)(USA)

1件 の用語解説(包括貿易・競争力強化法(包括貿易法)(USA)の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

包括貿易・競争力強化法(包括貿易法)(USA)

「包括貿易・競争力強化法」とは1988年8月28日にアメリカで成立した法律。「包括貿易・競争力強化法」の主な内容は以下の通りだが、これに対して多くの国から同法の保護主義性に懸念が表明されている。1. 1974年通商法301条を改正し、USTR(アメリカ通商代表部)に外国の不公正貿易慣行に関する判断、報復措置発動の権限を与え、報復措置の発動を容易化。2. 市場開放優先国に対し輸入障壁等の撤廃を要求し、外国の貿易自由化を求めていく上で合意に達しない場合はスーパー301条により一方的に報復措置を発動。3. 1974年通商法201条を改正し、アメリカ産業を保護するために特定品目の輸入急増を抑制する救済措置の発動を容易化。4. 1930年関税法337条の違法認定要件のうち、輸入品について特許侵害や商標侵害の不正行為を規制している被害要件を削除し、暫定排除命令期間を短縮するなど、輸入排除命令を発令しやすくした。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包括貿易・競争力強化法(包括貿易法)(USA)の関連キーワード競争同化法包括通商法プロパテント政策陽性強化法スーパー三〇一条スペシャル三〇一条貿易収支(Trade Balance)改正不正競争防止法産業技術強化法ヤングレポート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone