コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包括遺贈 ホウカツイゾウ

デジタル大辞泉の解説

ほうかつ‐いぞう〔ハウクワツヰゾウ〕【包括遺贈】

[名](スル)財産を特定せずに、遺産の全部またはその一部分を一括して与える遺贈。→特定遺贈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうかついぞう【包括遺贈】

遺産の全体またはその何分の一というように、財産を特定せずに一括して与える遺贈。 ⇔ 特定遺贈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の包括遺贈の言及

【遺贈】より

…また,贈与者の死亡によって効力を生ずる死因贈与も遺贈に近似するが,それは契約である点で遺贈とは異なる。遺贈には,包括名義で行われる包括遺贈と特定名義で行われる特定遺贈とがある(民法964条)。また,遺贈には負担をつけることもでき,これを負担付遺贈という(1002,1003,1027条)。…

※「包括遺贈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

包括遺贈の関連情報