コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包絡面 ほうらくめんenveloping surface

世界大百科事典 第2版の解説

ほうらくめん【包絡面 enveloping surface】

ある区間の各実数tに対し曲面Stが定められているとする。このとき別の曲面Eがあって,Eの各点Pにおいて,EとあるStとが接しているならば,Eを曲線族{St}の包絡面という。例えば,空間の1直線上に座標が与えられたとき,各実数tに対しStはその直線上の座標tの点を中心とする半径rの球面であるとすれば,包絡面はその直線を軸とし底面の半径がrの直円柱面である(図)。関数F(x,y,z,t)が与えられれば,各tに対しF(x,y,z,t)=0で表される曲面Stが定まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

包絡面の関連キーワードホイヘンスの原理バンケルエンジン微分幾何学マッハ波錯乱円包絡線半径直線球面火面座標

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android