コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化粧田 ケショウデン

デジタル大辞泉の解説

けしょう‐でん〔ケシヤウ‐〕【化粧田】

中世および近世初期、上級武士の家で娘が嫁ぐとき、化粧料として持参した田地江戸時代には農民の娘が嫁ぐ場合にもあった。けしょうだ。けわいだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしょうでん【化粧田】

中世から江戸初期、上級の武士の娘が嫁入りする際に持参する田地。所有権は夫に移らないことが多い。けわいでん。

けわいでん【化粧田】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化粧田の関連キーワード所有権持参財中世