コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化粧料 ケショウリョウ

デジタル大辞泉の解説

けしょう‐りょう〔ケシヤウレウ〕【化粧料】

化粧の費用。化粧代。また、婦人のこづかい銭。
中世、女子にその生存の間だけに限定して譲渡された財産。→一期分(いちごぶん)
江戸時代、嫁入りの持参金。
舞台化粧の顔料。
化粧品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けしょうりょう【化粧料】

化粧にかかる費用。また、婦人のこづかい費。
江戸時代、女子が嫁入りする際の持参金。けわいりょう。
化粧田けしようでん 」に同じ。
中世、女子に生存の間だけ許された相続財産。装束料。
化粧品。また、舞台化粧の顔料。

けわいりょう【化粧料】

化粧けしよう 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

化粧料の関連キーワードクリーム(化粧品)ベニバナ(紅花)アンソクコウノキ日焼け止め化粧品ヘアローションレモングラスアイシャドー山野 千枝子嫡子単独相続基礎化粧品北勢[町]グリセリンアンチモンパレット東福門院江戸時代加納御前楽屋頭取荒れ止めクリーム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化粧料の関連情報