北倶盧洲(読み)ホックルシュウ

デジタル大辞泉の解説

ほっくる‐しゅう〔ホククルシウ〕【北×××洲】

《〈梵〉uttarākuruの訳》須弥山(しゅみせん)をめぐる4州の一。北方にあって、他の3州よりすぐれ、ここに生まれた者は千年の寿命を保つという。鬱単越(うったんおつ)。北洲(ほくしゅう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほくくる‐しゅう ‥シウ【北倶盧洲】

ほっくる‐しゅう ホククルシウ【北倶盧洲】

〘名〙 (「北倶盧」はUttara-kuru の訳と音写の合成。鬱単越(うったんおつ)とも) 仏教の須彌山(しゅみせん)説に説かれる四大洲(四大陸)の一つ。北方にあって他の三洲に勝れ、寿命千歳の楽土という。北洲。
正法眼蔵(1231‐53)身心学道「四大河あり、無熱地あり、北倶盧洲には四阿耨達地あり」 〔倶舎論‐一一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android