コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北原遺跡 きたはらいせき

1件 の用語解説(北原遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きたはらいせき【北原遺跡】

長野県下伊那郡高森町下市田北原にある弥生時代中期の遺跡。天竜川右岸の河岸段丘崖下の扇状地に立地し,大正年間から磨製石鏃の出土遺跡として知られていた。1970,72年の発掘調査で,7棟の長方形竪穴住居跡を検出し,各棟とも各工程を含む磨製石鏃が出土して,石鏃生産の実態が明らかとなった。同時に各棟とも多数の短冊形や鉞(まさかり)形打製石斧や打製石庖丁が検出され,調査者はやや離れた天竜川沖積地の水稲耕作のほかに扇状地での陸耕が盛んであったと推定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北原遺跡の関連キーワード市村咸人高森町園原辰野雪祭信濃路下條花の里いいじま北原亀二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone