北原遺跡(読み)きたはらいせき

世界大百科事典 第2版の解説

きたはらいせき【北原遺跡】

長野県下伊那郡高森町下市田北原にある弥生時代中期の遺跡。天竜川右岸の河岸段丘崖下の扇状地に立地し,大正年間から磨製石鏃の出土遺跡として知られていた。1970,72年の発掘調査で,7棟の長方形の竪穴住居跡を検出し,各棟とも各工程を含む磨製石鏃が出土して,石鏃生産の実態が明らかとなった。同時に各棟とも多数の短冊形や鉞(まさかり)形打製石斧や打製石庖丁が検出され,調査者はやや離れた天竜川沖積地の水稲耕作のほかに扇状地での陸耕が盛んであったと推定している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android