コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山友松子 きたやま・ゆうしょうし

1件 の用語解説(北山友松子の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

北山友松子

没年:元禄14.3.15(1701.4.22)
生年:寛永17頃(1640)
江戸前期の医者。明の亡命者の馬命宇と長崎丸山の遊女の子。名は道長,通称は寿庵。幼時から日中両国語を解し,化霖,独立(戴曼公)のふたりの中国僧に従って医学を修め,小倉の原長庵のもとで修業ののち,30歳前には大坂に出て開業。諸大名の信頼も厚く,貧民からも慕われ,その墓所は今も「北山不動」として病気平癒祈願に訪れる人が多い。講談「藪井玄意」は彼をモデルとしたものである。明代における『傷寒論』研究をいち早く察知し,著書『医方口訣集頭注』『北山医案』(孫の道修の編)などに反映させている。<参考文献>安井広迪「『近世漢方治験選集』5巻解説」

(石田秀実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

北山友松子の関連キーワード浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩フェリペ[5世]浅野長矩浅野長矩高田藩アイフル安東省庵

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone