コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北島吉蔵 きたじま きちぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北島吉蔵 きたじま-きちぞう

1904-1923 大正時代の社会運動家。
明治37年3月16日生まれ。日立鉱山の旋盤見習工になり,友愛会に加入。大正11年東京で南葛労働協会の結成に参加。関東大震災に際し被災者を救援中,亀戸(かめいど)警察署に検束され,12年9月4日9名の同志とともに習志野(ならしの)騎兵連隊の兵士に殺害された(亀戸事件)。20歳。秋田県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北島吉蔵の関連キーワード南葛労働会大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android