コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日立鉱山 ひたちこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日立鉱山
ひたちこうざん

茨城県日立市の西部にあった日本鉱業系の日立鉱山経営の鉱山。天正年間 (1573~92) に発見され,初め赤沢鉱山と称した。 1905年久原房之助が日立鉱山として開発し,のち日本鉱業が大規模な開発を行い,73年日立鉱山として独立した。鉱床は結晶片岩母岩とする層状含銅硫化鉄鉱床で多数の鉱脈から成り,充填式上下向き階段掘りによる坑内採掘をしていたが 81年9月閉山した。開山以来の粗鉱量は 3000万tといわれている。精鉱は日立市大雄院 (だいおういん) にある日本鉱業日立製錬所で製錬し,銅,金,銀その他の非鉄金属類を生産していた。大正初期に亜硫酸ガスによる煙害問題が発生し,その対策として 25年に当時日本最高の煙突 (155.7m) が建設され,排煙の空中拡散がはかられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひたち‐こうざん〔‐クワウザン〕【日立鉱山】

日立市中部の銅鉱山。天正年間(1573~1592)の発見と伝えられ、明治38年(1905)から大規模に開発、金・銀も産出した。日本四大銅山の一に数えられたが、昭和56年(1981)閉山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひたちこうざん【日立鉱山】

茨城県の日立市にある銅鉱山。鉱床は日立古生層の角セン片岩,黒雲母石英片岩,白雲母石英片岩,変輝緑岩などの変成岩累層中に層状ないしレンズ状に存在する含銅硫化鉄鉱床。高鈴,赤沢,本坑,神峯,中盛,藤見,入四間などの鉱体が走向延長3km以上,傾斜延長1km以上,最大厚さ80mにわたって連続し,ほかに不動滝,諏訪などの鉱体もある。鉱石鉱物は黄銅鉱,セン亜鉛鉱,黄鉄鉱磁硫鉄鉱であるが,平均的な銅品位は比較的低く1.5%程度であり,硫黄品位は20%程度であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひたちこうざん【日立鉱山】

日立市西部にある銅鉱山。銅のほか金・銀を少量産出した。一六世紀に発見。明治時代、日本四大銅山の一つとされたが、1981年(昭和56)閉山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日立鉱山
ひたちこうざん

茨城県北東部、日立市にあった銅山。多賀(たが)山地の変成岩中の含銅硫化鉄鉱床より金、銀、銅、亜鉛などを採掘した。神峰(かみね)山の南側一帯は古くから赤沢(あかさわ)山とよばれ、佐竹氏時代より金、銀、銅を産した。江戸時代にも銅鉱が採掘され、悪水被害(公害)の記録もある。1862年(文久2)銅鉱2000貫を産したが、1864年(元治1)水戸藩内の党争にあって施設は焼失した。その後も経営者は変遷したが1905年(明治38)に久原房之助(くはらふさのすけ)が久原鉱業所日立鉱山として操業を開始した。採掘から製錬、電錬までの工程を一貫化し、水力発電所、電車鉄道など近代的多角経営によって発展、さらに大煙突(高さ155.7メートル)で煙害を防止し、硫酸工場設置による副産物製造も行った。ほかに電機メーカー日立製作所が分離、独立するなど日立市の近代鉱工業発展の源泉となった。宮田川の谷は工場と鉱山集落で占められ、分水嶺(ぶんすいれい)を越えて里(さと)川の谷まで繁栄を及ぼした。1965年(昭和40)の生産額は一部の小鉱山も含めて金鉱151キログラム、銀鉱1443キログラム、銅鉱6120トン、硫化鉱23万トンを産した。しかし、貿易の自由化、銅資源の枯渇によって1976年から製錬をやめ、1981年に閉山。わずかに電錬工場を残している。1985年、鉱山跡地に日鉱記念館が建てられた。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日立鉱山の言及

【公害】より

…古河財閥と政府は,被害農民の反対運動を権力によって弾圧した。これに対して,別子銅山と日立鉱山の事件は製錬所の亜硫酸ガスによる大気汚染事件である。これらの事件では長期にわたる農民の反対運動が繰り返された結果,企業は公害対策をせざるをえず,今日の公害対策を考えるための主要な原則が確立したという点で重要である。…

【日立鉱山】より

…1591年(天正19)に発見され,常陸領主佐竹義重が開発したと伝えられるが,水戸藩政下,明治前・中期を通じてなん度か稼行されながらも,悪水問題(鉱毒水による田畑の汚染)などのために発展をみることがなかった。1905年藤田組の小坂鉱山所長であった久原(くはら)房之助が買収し,日立鉱山と改称。久原は大規模な自家発電により坑内外の電化を行って開発に成功するが,07年早くも鉱山の〈死活を決する〉煙害問題が発生し,関右馬允(せきうめのじよう)を指導者とする近隣農民の煙害反対運動に直面した。…

※「日立鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日立鉱山の関連キーワードジャパンエナジー(株)日立製作所(株)高鈴県立自然公園日立市郷土博物館日立製作所[株]日本鉱業[株]茨城県日立市非鉄金属工業久原 房之助関 右馬允日鉱記念館鏑木 徳二日立製作所小平 浪平米沢 万陸茨城(県)日立(市)日立[市]相馬 一郎川合義虎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日立鉱山の関連情報