コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀戸事件 かめいどじけん

6件 の用語解説(亀戸事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀戸事件
かめいどじけん

1923年9月4日夜,関東大震災の混乱に乗じて,南葛 (なんかつ) 労働組合の幹部河合義虎ら組合員9人と自警団員4人,それにアナルコ・サンディカリズム系の労働組合員平沢計七を警察と軍が虐殺した事件。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かめいど‐じけん〔かめゐど‐〕【亀戸事件】

大正12年(1923)9月、関東大震災の混乱のさなか、亀戸の労働組合員らが軍隊によって不法検束され、殺害された事件。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

亀戸事件【かめいどじけん】

1923年9月4日,関東大震災の混乱に乗じ,労働・政治運動の先進地であった東京江東(こうとう)地方の拠点南葛(なんかつ)労働会の幹部川合義虎(よしとら)ら9名,アナーキスト系の元純労働者組合長平沢計七および自警団員4名が亀戸署で軍隊に刺殺された事件。
→関連項目布施辰治

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かめいどじけん【亀戸事件】

1923年9月1日に起こった関東大震災の混乱に乗じ,東京亀戸警察署で9名の労働運動家が虐殺された事件。9月3日,元友愛会幹部・元純労働者組合組合長平沢計七,共産青年同盟委員長・南葛労働会組合員川合義虎らが亀戸警察署に拘留され,同夜から5日未明の間に騎兵第13連隊の兵士によって殺された。10月10日に事件が発表されたが,事件発生直後から南葛労働会,総同盟などの労働組合と自由法曹団が真相究明に乗りだした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かめいどじけん【亀戸事件】

1923年(大正12)9月関東大震災直後の混乱の中で、亀戸警察署に拘留された純労働者組合の平沢計七や南葛労働会の川合義虎ら労組員一〇名が、軍隊(習志野騎兵第一三連隊)により殺害された事件。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀戸事件
かめいどじけん

関東大震災の混乱を利用し、軍隊が警察の協力を受けて東京・亀戸の労働者らを殺害した事件。1923年(大正12)9月大震災が起こると、警察は多くの朝鮮人や社会主義者、労働組合員を検挙したが、亀戸署でも約700名を検挙した。このうち純労働者組合の平沢計七(けいしち)、中筋宇八、南葛(なんかつ)労働会の川合義虎(かわいよしとら)、加藤高寿(こうじゅ)、北島吉蔵(きちぞう)、近藤広蔵(こうぞう)、佐藤欣治(きんじ)、鈴木直一(なおいち)、山岸実司(じつじ)、吉村光治(こうじ)の10名は9月3日夜検束され、同日夜から4日未明にかけて(4日夜から5日未明にかけてとする説もある)、習志野(ならしの)騎兵第一三連隊の兵士によって亀戸署構内または荒川放水路で殺害された。10名のうち2名は別の時間に殺されたともいわれている。4日前後に自警団員4名、日本労技会(日本車輛(しゃりょう)などに組織をもっていた労働組合)幹事1名、柔道師範1名、朝鮮人多数も亀戸署内または荒川放水路で殺害された。純労働者組合や南葛労働会は、悪法反対運動やメーデー、1922年(大正11)の大島製鋼所争議などをめぐって亀戸署と激しく対立していた。事件は10月10日に初めて公表されたが、軍隊の行為は戒厳令下の行動として当然のこととされた。自由法曹団の布施辰治(ふせたつじ)、山崎今朝弥(けさや)両弁護士らは事件の真相を追及して司法権の発動を要求し、南葛労働会や総同盟は糾弾運動を行い、小牧近江(こまきおうみ)、金子洋文(ようぶん)らの種蒔(たねま)き社は、自由法曹団が作成した資料に基づいて殉難記『種蒔き雑記』を発行したが、いずれも黙殺された。[吉見義明]
『亀戸事件建碑記念会編『亀戸事件の記録』(1972・日本国民救援会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀戸事件の関連キーワード関東大震災震災手形震災震災記念日大震災東北・関東大震災関東地震防災の日防災用品点検の日関東大震災とデマ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀戸事件の関連情報