コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警察署 けいさつしょ

6件 の用語解説(警察署の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

警察署
けいさつしょ

都道府県の区域を分ち,各地域を管轄する警察機関。長として署長がおかれ,署長は警視総監警察本部長,方面本部長または市警察部長の指揮監督を受け,その管轄区域内における警察の事務を処理し,その所属の警察職員を指揮監督する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいさつ‐しょ【警察署】

警察活動の単位となる機関。都道府県警察の下部機構で、都道府県を区域に分け、その各区域ごとに設置される。警察。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

警察署【けいさつしょ】

警察活動の単位である機関。都道府県の分割された各地域を管轄し,長として署長が置かれ,警視総監・警察本部長などの指揮監督を受ける。下部機構として派出所駐在所がある。
→関連項目警察保護警視庁交番

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいさつしょ【警察署】

都道府県の区域を分けた各地域を管轄するものとして設置され(警察法53条1項),都道府県警察の第一線の運営単位として,地域住民の生活に密着した警察事務の執行にあたる警察機関。名称,位置および管轄区域は,政令で定める基準に従い,条例で定められている。警察署長は,警視総監,警察本部長,方面本部長または市警察部長の指揮監督をうけ,その管轄区域内における警察事務を処理し,所属の警察職員を指揮監督する。署長には警視または警視正がなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいさつしょ【警察署】

都道府県警察の下部機構で、おのおのその管轄区域内の警察事務を扱う官署。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

警察署
けいさつしょ

都道府県警察の第一線における警察運営の単位。都道府県の区域を分けて各地域ごとにこれを管轄する警察機関として置かれる(警察法53条1項)。都道府県の区域はすべて、いずれかの警察署の管轄区域に属することとなり、警察署は、地域住民の生活に密着した警察事務を執行するという重要な役割を果たしている。2010年(平成22)4月1日の時点で、全国の警察署の数は1184である。警察署の名称、位置および管轄区域は、警察法施行令に従い、条例で定めることとされており(警察法53条4項)、位置については、管轄区域内の住民の利用にもっとも便利であるように、他の官公署との連絡、交通、通信その他の事情を参酌し、管轄区域については、警察の任務を能率的に遂行することができるように、人口、他の官公署の管轄区域、交通、地理その他の事情を参酌して定められている。各署には、通常、署長以下100~400人の警察官が配置されている。警察署の機構は、署長を頂点として、次長(副署長)と警務、会計、刑事、交通、警備、生活安全、地域の各課が置かれているほか、下部機構として交番、駐在所がある。また、重要な港湾、空港には、水上(臨港)警察署、空港警察署が設けられている。なお、2000年の警察法改正により、警察署に「警察署協議会」を置くものとされた。警察署協議会は、警察署の管轄区域内における警察の事務の処理に関し、警察署長の諮問に応ずるとともに、警察署長に対して意見を述べる機関とされている(警察法53条の2)。これは、警察不祥事を受けて2000年に設けられた警察刷新会議において、地域住民の意見や要望を真摯(しんし)に受け止め、誠実に対応することが必要であるとの提言がなされたことに基づく。[後藤啓二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

警察署の関連キーワード都道府県議会議員都道府県警察都道府県公安委員会都道府県条例都道府県税都道府県知事基準地価格都道府県知事免許都道府県が所管している森林森林計画区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

警察署の関連情報