コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北島秀朝 きたじま ひでとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北島秀朝 きたじま-ひでとも

1842-1877 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)13年1月1日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)の神職の子。水戸藩につかえる。天狗(てんぐ)党に参加,幕府弾圧をのがれて京都にゆき北島家の養子となる。岩倉具視(ともみ)の知遇を得,戊辰(ぼしん)戦争では東山道鎮撫軍の大監察。維新後,和歌山などの県令歴任。明治10年10月10日死去。36歳。本姓益子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北島秀朝の関連キーワード明治時代上野彦馬天保

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android