コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川殿 きたがわどの

2件 の用語解説(北川殿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川殿 きたがわどの

?-1529 室町-戦国時代,今川義忠の妻。
北条早雲の妹。夫の死後,6歳のわが子竜王丸(今川氏親(うじちか))と,一族の小鹿範満(おしか-のりみつ)との間に家督争いがおきたとき,親子で身をかくすが,長享元年早雲が範満を討つと駿河(するが)(静岡県)にかえった。享禄(きょうろく)2年5月26日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北川殿

没年:享禄2.5.26(1529.7.1)
生年:生年不詳
戦国時代北条早雲の妹(一説には姉)で,駿河守護今川義忠の妻。室町幕府政所執事伊勢氏の一族として京都にいたが,応仁の乱勃発のころ結婚し,駿河に下る。夫義忠が不慮の死を遂げたとき,嫡子の竜王丸(氏親)はわずか4歳であった。そのため一族小鹿範満との間に家督争いが起こり,竜王丸を伴って身を隠した。早雲の力で難を逃れ,長享1(1487)年に早雲が範満を討つとようやく子と共に駿府に帰ることができた。北川殿の名は,安倍川の支流のひとつで駿府の北を流れる北川にちなみ,その川のほとり(静岡市大岩)に居館があったからといわれる。この居館跡はのち孫氏輝の菩提寺臨済寺となり,今に歴史を伝える。連歌師宗長とは長いつき合いで,『宗長日記』にもその名がみえる。現沼津市内に領地を持っていた関係から同市大平にはゆかりの寺桃源院がある。

(池上裕子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北川殿の関連キーワード今川氏親後北条氏早雲寺伊勢早雲以天宗清上杉憲勝千葉勝胤宝生一閑北条幻庵三浦義意

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone