コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村正立 きたむら せいりゅう

2件 の用語解説(北村正立の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

北村正立

江戸前期の俳人・国学者。京都生。通称権三郎・源之丞、名は秀次、号は成等院。北村季吟の次男。新玉津島社に住した。歌学を諸生に教授した。元禄15年(1702)歿、51才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村正立 きたむら-せいりゅう

1652-1702 江戸時代前期の国学者。
承応(じょうおう)元年生まれ。北村季吟(きぎん)の次男。元禄(げんろく)2年京都新玉津島神社社司をつとめていた父と兄湖春が,幕府の歌学方となって江戸におもむいたあと,京都にとどまって歌学を教授。のち江戸にうつった。父,兄との歌集に「向南家集」がある。元禄15年閏(うるう)8月21日死去。51歳。名は秀次。号は成等院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

北村正立の関連キーワード国学者斎部伊紀三鍼蔀遊燕菅真静関矢凌雲田中式如西村有鄰秦信慶三宅環翠

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone