北村正立(読み)きたむら せいりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村正立 きたむら-せいりゅう

1652-1702 江戸時代前期の国学者。
承応(じょうおう)元年生まれ。北村季吟(きぎん)の次男。元禄(げんろく)2年京都新玉津島神社社司をつとめていた父と兄湖春が,幕府の歌学方となって江戸におもむいたあと,京都にとどまって歌学を教授。のち江戸にうつった。父,兄との歌集に「向南家集」がある。元禄15年閏(うるう)8月21日死去。51歳。名は秀次。号は成等院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android