コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村正立 きたむら せいりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村正立 きたむら-せいりゅう

1652-1702 江戸時代前期の国学者。
承応(じょうおう)元年生まれ。北村季吟(きぎん)の次男。元禄(げんろく)2年京都新玉津島神社社司をつとめていた父と兄湖春が,幕府の歌学方となって江戸におもむいたあと,京都にとどまって歌学を教授。のち江戸にうつった。父,兄との歌集に「向南家集」がある。元禄15年閏(うるう)8月21日死去。51歳。名は秀次。号は成等院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北村正立の関連キーワード柏木素竜北村季任承応

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android