コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村遺跡(読み)きたむらいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北村遺跡
きたむらいせき

長野県安曇野市にある縄文時代後期の遺跡。 1987年中央自動車道長野線の建設に伴う調査により,180体の人骨を含む土壙墓が 480発見された。配石のあるものもあり,典型的な集団墓地のあり方を示すものである。人骨はすべて屈葬。従来,縄文時代の人骨の出土は海岸地帯の貝塚にかぎられていたが,内陸部での大量の出土は,食物などさまざまな面で海岸部との比較分析を可能にした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

北村遺跡【きたむらいせき】

長野県安曇野市の縄文時代中期から後期集落遺跡。300体もの人骨が出土した例は内陸部では珍しく,葬法だけでなく,身体の特徴や摂取食料を知る手がかりとしても貴重な例である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android