コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村雄治 きたむら ゆうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村雄治 きたむら-ゆうじ

1871-1903 明治時代の開拓者。
明治4年生まれ。山梨県の酒造家。明治26年北海道空知郡岩見沢村の石狩川沿岸約480haの土地の貸し下げをうけ,入植。途中病にたおれたが,開拓は弟の北村黽(つとむ)がひきついで戸数120余の農場にそだて,同地は33年北村として岩見沢村から分村独立した。明治36年8月7日死去。33歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の北村雄治の言及

【北[村]】より

…石狩平野の中央部,石狩川東岸に位置し,南は岩見沢市に接する。1894年山梨県人北村雄治がこの地に500haの土地の貸付けを受けて小作農場を開き,本格的開拓を進めた。村名はこの農場名に由来する。…

※「北村雄治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北村雄治の関連キーワード廃藩置県日露戦争史(年表)フォト・セセッションドビュッシー新教育マーシャル高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone