北条宗政(読み)ほうじょう むねまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条宗政 ほうじょう-むねまさ

1253-1281 鎌倉時代の武将。
建長5年1月28日生まれ。北条時頼(ときより)の子。右近衛将監(うこんえのしょうげん),評定衆,引付頭人(ひきつけとうにん)をへて,建治(けんじ)3年武蔵守(むさしのかみ)となる。このころ筑後(ちくご)守護を兼任。西殿とよばれた。弘安(こうあん)4年8月9日出家し,その日に死去。29歳。通称は相模四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北条宗政

没年:弘安4.8.9(1281.9.23)
生年:建長5.1.28(1253.2.27)
鎌倉中期の武将。得宗北条時頼の子。母は北条重時の娘。時宗の同母の弟に当たる。幼名福寿丸。相模四郎と称し,西殿と呼ばれる。文永2(1265)年,従五位下右近将監。同年7月北条政村の娘と結婚。9年鎌倉幕府評定衆に列する。10年,引付頭人。建治3(1277)年武蔵守。このころ筑後守護となる。文永の役(1274)後,元の侵攻に対応するために鎌倉幕府は九州の守護を次々と新任したが,宗政は兄の時宗の分身として同国守護を務めたものと思われる。若くして病を得,死去。

(本郷和人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

北条宗政 (ほうじょうむねまさ)

生年月日:1253年1月28日
鎌倉時代後期の武将
1281年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android