コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条時国 ほうじょう ときくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条時国 ほうじょう-ときくに

?-1284 鎌倉時代の武将。
左近衛将監(さこんえのしょうげん)。建治(けんじ)元年六波羅(ろくはら)探題南方となる。弘安(こうあん)7年鎌倉によびもどされて常陸(ひたち)(茨城県)伊佐郡に流され,同年10月3日殺された。8代執権北条時宗(ときむね)の急死との関連を指摘する説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北条時国

没年:弘安7.10.3(1284.11.11)
生年弘長3(1263)
鎌倉中期の六波羅探題。時員の子。左近将監。建治1(1275)年祖父時盛と共に上洛し,同3年六波羅探題南方に就任。弘安7(1284)年鎌倉に呼び戻され,常陸に配流,誅殺された。同年の北条時宗の死との関連が推測される。

(森幸夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

北条時国の関連キーワード左近衛将監鎌倉時代没年

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android