コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条煕時 ほうじょう ひろとき

2件 の用語解説(北条煕時の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条煕時 ほうじょう-ひろとき

1279-1315 鎌倉時代の武将。
弘安(こうあん)2年生まれ。妻は北条貞時の娘。評定衆,引付頭人(ひきつけとうにん)をへて,嘉元(かげん)3年京下(きょうくだり)奉行,長門(ながと)探題となる。同年の北条宗方の乱では,煕時も命をねらわれたとされる。連署ののち,正和(しょうわ)元年12代執権となるが,4年出家して辞職し,7月18日死去。37歳。法名は道常。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北条煕時

没年:正和4.7.18(1315.8.18)
生年:弘安2(1279)
鎌倉末期の幕府執権。為時の子。妻は北条貞時の娘。初名貞泰。右馬権頭,武蔵守,相模守を歴任。永仁3(1295)年引付衆に加えられ,同6年小侍所,正安3(1301)年評定衆・引付頭人となる。嘉元3(1305)年祖父の連署時村が侍所所司の北条宗方に暗殺されたとき,煕時も命を狙われた。延慶2(1309)年寄合衆。応長1(1311)年連署となり,翌年12代執権に就任した。死去まで約3年間在職したが実権はなく,幕政は内管領長崎円喜・高資父子らによって掌握されていた。勅撰集に4首入集している。<参考文献>安田元久編『鎌倉将軍執権列伝』

(森幸夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

北条煕時の関連キーワード西園寺公衡西園寺公衡北条煕時熱原法難宋銭大泉町の外国人エボラ出血熱タウラー大仏維貞梶原性全

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone