コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条義政 ほうじょう よしまさ

3件 の用語解説(北条義政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条義政 ほうじょう-よしまさ

1242-1282* 鎌倉時代の武将。
仁治(にんじ)3年生まれ。北条重時の子。引付(ひきつけ)衆,評定衆をへて文永10年連署。執権北条時宗(ときむね)をたすけ文永の役の難局にあたる。建治(けんじ)3年出家,信濃(しなの)(長野県)善光寺にもうで自領の塩田荘に隠退した。「続拾遺和歌集」などに和歌がある。弘安(こうあん)4年11月27日死去。40歳。初名は時景(量)。通称は陸奥四(六)郎,塩田殿。法名は政(道)義。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条義政

没年:弘安4.11.27(1282.1.8)
生年:仁治3(1242)
鎌倉中期の幕府の連署。北条重時の子。初名時景(または時量)。早くから 廂衆・昼番衆(鎌倉幕府の将軍御所内の番役)として6代将軍宗尊親王に近侍し,正元1(1259)年左近将監,従五位下となった。文永2(1265)年引付衆,同4年評定衆などを歴任したのち,同10年執権北条時宗の連署となり,次いで武蔵守に任じ,文永の役(1274)の際には時宗を補佐して危機を乗り切った。建治3(1277)年4月病のため連署を辞して出家(法名道義,政義とも),信濃(長野県)善光寺に詣で,同国塩田庄に退隠,同地で没した。北条氏塩田流の祖。歌人としても知られ,『続拾遺和歌集』などに詠歌が収められている。

(新田英治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうよしまさ【北条義政】

1242‐81(仁治3‐弘安4)
鎌倉中期の武将。重時の子。同母姉妹は安達泰盛の妻。初名時量。1265年(文永2)引付衆,67年評定衆,73年連署と幕府の要職を占める。77年(建治3)病により出家,のち信濃善光寺へ遁世した。幕府内で対立する安達泰盛,平頼綱両派の間で苦しい立場にあったと思われる。信濃塩田荘に籠居したまま,81年没した。《続古今和歌集》などに和歌が収載されている。【青山 幹哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北条義政の関連キーワード北条重時北条長時連署中先代安達義景金沢実泰平重時北条茂時北条煕時北条宗政

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone