コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北渓字義 ほっけいじぎ Běi xī zì yì

1件 の用語解説(北渓字義の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほっけいじぎ【北渓字義 Běi xī zì yì】

中国宋代,朱熹(しゆき)(子)の高弟陳淳が著した一種の哲学辞典。《性理字義》ともいう。北渓は陳淳の号。性理学(朱子学)の重要な概念を解説する。朱子学の入門書,概説書として,朝鮮・日本でもよく読まれた。林羅山の注解《性理字義諺解(げんかい)》は,当時の日本朱子学の水準を知る上で重要な書である。取りあげられている術語は次のとおり。命,性,心,情,才,志,意,仁義礼智信,忠信,忠恕(じよ),一貫,誠,敬,恭敬,道,理,徳,太極,皇極,中和,中庸,礼楽,経権,義理,鬼神,仏老。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北渓字義の関連キーワード闇斎点唐目三舎宋儒程子東坡中国・宋代の禅の公案集周藤吉之野村嘉之山田好之