コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北渓字義 ほっけいじぎBěi xī zì yì

世界大百科事典 第2版の解説

ほっけいじぎ【北渓字義 Běi xī zì yì】

中国宋代,朱熹(しゆき)(子)の高弟陳淳が著した一種の哲学辞典。《性理字義》ともいう。北渓は陳淳の号。性理学(朱子学)の重要な概念を解説する。朱子学の入門書,概説書として,朝鮮・日本でもよく読まれた。林羅山注解《性理字義諺解(げんかい)》は,当時の日本朱子学の水準を知る上で重要な書である。取りあげられている術語は次のとおり。命,性,心,情,才,志,意,仁義礼智信,忠信,忠恕(じよ),一貫,誠,敬,恭敬,道,理,徳,太極,皇極,中和,中庸,礼楽,経権,義理,鬼神,仏老。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android