コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北部仏印進駐 ほくぶふついんしんちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北部仏印進駐
ほくぶふついんしんちゅう

1940年9月,第2次近衛文麿内閣下,日本軍が北部仏印 (フランス領インドシナ北部) に進駐を強行した事件。ヨーロッパにおけるドイツ軍の優位に呼応して,日本では南方進出への動きが高まり (→南進論 ) ,40年7月 22日に成立した第2次近衛内閣は,積極的に南進政策の路線を推進した。7月 27日,大本営政府連絡会議は「世界情勢の推移に伴う時局処理要綱」を決定し,南方問題解決のためには状況によって武力行使もあるとした。9月 23日,米,英,仏などの中国援助のルート,すなわち援蒋ルートの遮断を理由に日本軍の北部仏印進駐が開始された。アメリカは日本の仏印圧迫に抗議していたが,9月 26日,屑鉄輸出禁止の措置をとった。 27日には日独伊三国同盟が調印され,アメリカ,イギリスとの対立は一層激化することになった。 (→南部仏印進駐 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の北部仏印進駐の言及

【仏印進駐】より

…日中戦争解決の目途を失った日本は,1940年6月フランスがドイツに降伏したのに乗じ,援蔣ルートの切断と東南アジア侵略の前進基地獲得をめざし,国境監視,日本軍の仏印領内通過,飛行場使用などをフランスに要求した。富永恭次参謀本部第1部長らの強硬意見にもとづき現地交渉の結果,9月22日平和進駐に関する協定が成立したが,23日現地の陸軍第5師団の一部が鎮南関付近で独断越境してフランス軍と交戦し,25日フランス軍は降伏した(北部仏印進駐)。そのため日本とアメリカ,イギリスとの対立が強まり,アメリカは9月26日屑鉄の対日禁輸を発表し,イギリスも10月18日援蔣ビルマ・ルートを再開した。…

※「北部仏印進駐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北部仏印進駐の関連キーワード太平洋戦争(第二次世界大戦)太平洋戦争史(年表)中村 明人富永 恭次ベトナム中村明人日米交渉南進

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android