コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日独伊三国同盟 にちどくいさんごくどうめいTripartite Pact

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日独伊三国同盟
にちどくいさんごくどうめい
Tripartite Pact

1940年9月 27日ベルリンで調印された,日本,ドイツイタリア3国間の条約に基づく同盟。 36年の日独防共協定締結以後,この協定を軍事同盟にまで強化しようとする目的で交渉が開始され,日本では同盟の対象をソ連に限定しようとする外務省,海軍側と,イギリス,フランスも対象に加えようとするドイツおよび陸軍側の主張が対立し,近衛内閣から平沼内閣にかけて交渉が続いた。 39年独ソ不可侵条約成立後,第2次近衛内閣は中国問題,南方問題を有利に解決するためにアメリカに対する立場を強化しようとして,松岡外相と H.シュターマー特使の交渉を基礎として日独伊三国同盟を締結した。3国はヨーロッパおよびアジアにおける「新秩序建設」に関してそれぞれの「指導的地位ヲ認メ且之ヲ尊重ス」ることを約し (1~2条) ,新たな外国の攻撃を受けた場合の相互援助を約し (3条) ,この条約は3国とソ連との間の「政治的状態ニ何等ノ影響ヲモ及」ぼさないとした (5条) 。その後ハンガリー,ルーマニア,スロバキア,クロアチアがこの条約に参加した。この条約は日本の対英米関係をさらに悪化させ,対ソ関係も,41年の日ソ中立条約成立にもかかわらず,独ソ戦の開始によって期待を裏切られた。太平洋戦争開始後の 41年 12月 11日に3国は対米英戦の共同遂行,単独不講和および新秩序建設に関する三国共同行動協定を結び,さらに 42年1月 18日共通の戦争指導要綱に関し日独伊新軍事協定を結んだ。 43年9月イタリアの無条件降伏後,日独両国は共同声明を発して三国同盟を再確認したが,45年5月ドイツの降伏とともに日独伊三国同盟は完全に崩壊した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にちどくい‐さんごくどうめい【日独伊三国同盟】

昭和15年(1940)日本・ドイツ・イタリアの間で結ばれた軍事同盟条約。日独伊防共協定が、第二次大戦初頭のドイツ優勢の状況下で発展、成立したもの。敗戦により崩壊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日独伊三国同盟【にちどくいさんごくどうめい】

1940年9月,ベルリンで調印された3ヵ国の条約に基づく軍事同盟。1936年に締結された日独防共協定,1937年の日独伊防共協定を引き継ぎ,3国の指導的地位,相互軍事援助が取り決められた。
→関連項目浅間丸事件阿南惟幾有田=クレーギー会談来栖三郎御前会議近衛文麿近衛文麿内閣枢軸国第2次世界大戦日本松岡洋右山本五十六米内光政米内光政内閣リッベントロップ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にちどくいさんごくどうめい【日独伊三国同盟】

1940年,第2次近衛文麿内閣がドイツ,イタリアと結んだ軍事同盟。ベルサイユ体制に対して最大の不満を抱いたのは第1次世界大戦の戦敗国ドイツであったが,戦勝国であるイタリアもかなりの不満をもっていた。同じく戦勝国側にあった日本も,ベルサイユ体制の太平洋版であるワシントン体制への不満から,ベルサイユ体制の柱となっていた国際連盟に挑戦するにいたった。日本,ドイツ,イタリアが相ついで国際連盟を脱退する前後から,これら3国の接近が予想されていたが,軍事同盟への歩みは錯綜(さくそう)したものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にちどくいさんごくどうめい【日独伊三国同盟】

1940年(昭和15)9月ベルリンで調印された日本・ドイツ・イタリア三国の軍事同盟。日独伊防共協定を強化したもので、それぞれの指導的地位の承認と相互援助を規定。敗戦により同盟は崩壊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日独伊三国同盟
にちどくいさんごくどうめい

1940年(昭和15)9月27日、ベルリンで調印された日本、ドイツ、イタリアの間の軍事同盟。三国同盟締結交渉は、最初、1937年に結ばれた日独伊三国防共協定を強化しようという目的で、第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の末期に始まったが、1939年8月に突然独ソ不可侵条約が締結されたことにより一時中断した。しかし、その後、対米英関係の悪化、ヨーロッパにおけるドイツ軍の圧倒的な優勢などを背景に、交渉再開の機運が台頭、1940年9月6日、ドイツのスターマーH. Stamer特使の来日を機会に、交渉は正式に再開され、9月24日に至り、スターマーと第二次近衛内閣の外相松岡洋右(まつおかようすけ)との間で全面的な合意をみることとなった。三国同盟条約は、前文と本文6条とから成り立ち、その内容は、ヨーロッパおよびアジアにおける「新秩序建設」に関し、ドイツ、イタリアおよび日本は、その「指導的地位」を認め合うこと、また日中戦争およびヨーロッパ戦争に参加していない第三国の攻撃に対してあらゆる「政治的、経済的及軍事的方法ニ依(よ)リ相互ニ援助スヘキコト」を誓約する純然たる軍事同盟であった。三国同盟の推進者の松岡は、日独伊三国軍事同盟に加えて、ソ連を中立化させる、できれば日・独・伊・ソの四国協商の実現を図り、これらの軍事的圧力を背景に対米調整を有利に進めるという構想を抱いていたが、同盟の成立は米・英を強く刺激し、太平洋戦争突入の要因となった。1943年9月イタリアの無条件降伏、1945年5月ドイツの完全敗北により、無謀な瀬戸際政策であった日独伊三国同盟は完全に崩壊した。[寺崎 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日独伊三国同盟の関連キーワードハインリッヒ シュターマー三国同盟(日独伊三国同盟)ベルリンローマ枢軸G. アウリティオイゲン オット来栖三郎(1)アントネスクハル・ノートスターマー堀切善兵衛具島兼三郎大島 浩日米交渉白鳥敏夫吉田善吾阿部勝雄井上成美チアーノ葦津珍彦斎藤良衛

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日独伊三国同盟の関連情報