匙蘭(読み)サジラン

精選版 日本国語大辞典の解説

さじ‐らん【匙蘭】

〘名〙 シダ類ウラボシ科の常緑多年草。本州の関東南部以西、四国、九州の山地の湿った岩石や樹上に着生する。根茎は地中をはい暗褐色の鱗片におおわれている。葉は単葉で長さ一〇~二五センチメートルの倒披針形で紫褐色を帯びた短い柄がある。葉は革質でやや光沢があり先端は鋭形で、縁は滑らか。葉脈は網状。胞子嚢(ほうしのう)群は葉の裏面の上半分の中脈の両側に斜めに並んでつく。包膜はない。うすいた。いわみの。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android